2023年12月、ある刑務所から一人の男性が出所した。5年前に起きた事件のニュースで大きく報じられたのとは裏腹に、誰にも知られることなくひっそりと塀の外へ。待ち受けていたのはさらなる壁だった。(弁護士ドットコムニュース・一宮俊介)

●「雨イジング・スパイダーマン」事件

2019年、東京都内でビルの高層階が窃盗被害を受ける事件が相次いだ。

当時の報道によると、警察は高い建物を飛び移って犯行が行われたとみて捜査。雨の日に被害が発生していたことから、その手口と現場の状況から、アメリカの人気映画「アメイジング・スパイダーマン」になぞらえて「雨イジング・スパイダーマン」と呼んで被疑者の行方を追っていたとされる。

2019年11月、警視庁は当時26歳だった堀口裕貴さんを逮捕。堀口さんの名前や顔写真は、「雨イジング・スパイダーマン」というワードとともに報じられた。


●昨年12月に府中刑務所を満期出所

堀口さんは身に覚えがないと一貫して容疑を否認し続けた。だが、起訴され、一審の東京地裁で懲役2年6月の実刑判決が下された。

控訴、上告したものの退けられ、刑は確定。起訴された事件の被害額は約12万円だったというが、否認していたため、4年近く拘束された。

2023年12月、東京都府中市にある府中刑務所で全ての刑期を終えて出所した。

●出所後の家探し「約40件断られた」

一旦、地元の大阪に戻ったが、逮捕される前に生活していた東京で新たに仕事を始めようと今年春に上京。やる気に満ちあふれていた堀口さんの前にさらなる壁が立ちはだかった。

一人で住む部屋を借りようと不動産会社に問い合わせると、次々と断りの連絡が返ってきたのだ。

「家がとにかく見つからない。40件ぐらい断られました」


デジタルタトゥーが影響か

堀口さんが困ったのが、断られる理由を教えてもらえないことだった。

堀口さんの名前をネットで検索すると、事件当時に報じられた記事や顔写真のコピーが今もすぐに出てくる。いわゆる「デジタルタトゥー」と呼ばれる状態だ。

立て続けに入居を断られたのは、物件のオーナーか管理会社が堀口さんの名前を調べて事件のことを知ったからではないかと推測しているという。

●約2カ月間ネカフェを転々「出所後の障害多すぎる」

もう一つ心当たりがあったのが住所。堀口さんは逮捕されてから刑が確定するまでのほとんどの月日を拘置所で過ごしたため、住民票の住所を東京拘置所に移していた。

出所後に部屋を探す際、住所から堀口さんが東京拘置所にいたことを知られて貸すことを嫌がられた可能性もあると考えているという。

約2カ月間、ホテルやネットカフェを転々とした。

「家を探す時、最初は自分の過去をありのまま話していましたが、隠したら隠したであとで分かると印象が悪くなる。住所がとれないので仕事もできない。出所後の障害が多すぎます」

堀口さんによれば、刑務作業は約6円台からのスタート。仮に1〜2年務めたとしても、せいぜい数万円しか得られない。堀口さんは、刑務所を出所した後に再び事件を起こす人が多い現状に触れ、こうつぶやいた。

「私は今回、無実の罪で服役したので再犯云々は関係ないですが、こんな状況なら再犯せざるを得ない人もいるのではないでしょうか。お金がないことを理由に泥棒した人が、出所時わずか数万円の報奨金しか持たずに社会に放り出されてしまう。その時、住まいを確保できなければ、仕事も始められません。貯金がある人や助けを得られない人もいる。生きるために刑務所に戻るという選択を選んでしまう人たちが後をたたない理由が、出所してよくわかるようになりました」

住民票拘置所から移して物件確保へ

4月中旬、ようやく都内のアパートを借りることができた。

家探しをサポートした埼玉県川口市の不動産仲介会社「デュアルアシスト」によると、東京拘置所のままだった住民票の住所を別の場所に一旦移してから手続きを進めた。


また、それまでの堀口さんはやみくもに入居の申し込みをして断られ続けていたが、同社は堀口さんの経歴や物件の条件を細かく聞き取り、入居が期待できる部屋を管理する複数の会社に電話した上で事前に候補を絞って探した。

こうして2件目の申し込みで賃貸借契約に至ったという。

●「若くて働く意欲のある人の可能性まで奪っている」

刑事施設を出た人の家探しについて、デュアルアシストの古谷真澄マネージャー(44)は「(過去の事件について)ウェブ上に名前が出ているかどうかは大きい。高齢の出所者と違って堀口さんは若くて働く意欲もあり、部屋を貸す側のリスクは高くない。でも、現状はそうした人たちの可能性まで奪っているのではないか」と話す。

堀口さんは今、東京都内の店でバーテンダーとして働く傍ら、自身の経験を基にして弁護士では対応出来ない被拘禁者やその支援者に対する相談やサポートなどを安価で提供する事業を立ち上げたという。

そして、「ある程度生活基盤が整えば、一生涯かけてでも無実を訴え、イノセンスプロジェクトジャパンなどの冤罪救済支援団体と相談しながら再審請求をするつもり」と堀口さんは話す。

【編集部より】 タイトル、本文を一部修正しました(5月13日、18時)

出所者を待ち受ける“家探し“の厚い壁 家の契約できず、社会復帰に困難も「出所後の障害が多すぎる」


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 ikinaoshi.co.jp)


出所者が家を見つけることができないと、再犯リスクが高まる可能性があります。この問題を解決するために、行政や地域の支援が必要だと考えます。

<このニュースへのネットの反応>

就活はともかく、家の手当てくらいは公費で対応してあげて欲しいと思う。





自業自得と切り捨てるだけじゃ何も変わらねーからなぁ


出所後の住居や就職の問題は理解できるけど賃貸のオーナーや雇用先が前科者の受け入れに消極的なのも理解できる ぶっちゃけ前科のない人間なんていくらでもいるからわざわざ前科者を受け入れるのなんてリスク以外の何者でもないからな


ム所から出た後のサポート云々、ってヤクザの手法で鉄砲玉が特にビビることなく犯罪を犯せるようにするための知恵なんだよね。人権派って頭が悪いからゲーム理論的に抑止力を減らすような行動を人権とか言って持て囃すバカばっかりなんだよ


こんな事件はじめて知ったしこいつの顔見るのも初めてだ、さすがにこんな小悪党のデジタルタトゥーまで大手以外の不動産屋や大家がいちいちチェックしてるとは思えない、そもそも出所してすぐ髪色抜いてパーマあててるようなやつだから前科と関係ない所で問題があって断られてるだけなんじゃないか?


厚いのは壁じゃなくてお前の面の皮だろ…身に覚えが無いと言いつつ「再犯せざるを得ない」って言ってる時点でやっぱやってたんじゃんってなるんだけどそれは言葉のあやですかそうですか。


容疑を否認していた筈なのに「再犯せざるをえない」とは妙だな


家を借りれず住所不定なのに別の場所で住民票を届け出って「公正証書原本不実記載等罪」にあたるのではないか?クルド人問題を抱える川口市というのも闇が深いな。


とりあえず役所行って生活保護申請だな


犯行を犯す前にこういう社会的なリスクを想像して踏み留まることはできないんだろうか。


自分で社会からの信用を裏切っておいて社会に対して恨み節とか、反省してないだろ


そこで再犯考えてる時点でどうかと思うよ


そういうことなら、ひと思いにやってあげたほうがみんなハッピーなんじゃない?


こんなんじゃ更生の余地なしとして全員死刑にせざるを得ない。再犯する気満々やないか、犯罪を正当化しようとするな。こんな記事書いて犯罪者擁護団体は仕事確保に熱心すぎだろ。


ちなみにこいつ、この件で逮捕される前に21歳で障害罪にて逮捕されて3年服役したと自分で語ってます。弁護士からすればお得意様ですね。本当に無実なのに控訴も上告も退けられたなら、その恨みは無能な担当弁護士や証拠不十分なのに判断した裁判官に向けるべきものであって前科者を警戒する社会に対してでは無いわな


こいつはともかく、本当に足を洗いたいのに世の中がそうさせてくれない点は確かにある。『日本国民に限り』(←これ重要)数年間でボランティア活動何回以上とか特定の条件を満たしたら記録抹消なんかの制度はあってもいいと思う。


こんな米欄じゃ再犯せざるをえない


こういうのは社会というより人と人の信頼関係の問題だからなあ、それこそ仕事と住居のみ斡旋して一定期間GPS監視ぐらいしかないんじゃないかな、まぁ普通はそういう信頼リスクがあるから犯罪しないんだけど。


そういう行き場のない人の為に、マグロ漁船か蟹工船でも作ればよくね?


官営のタコ部屋でも作るか? …長谷川平蔵かな?


初犯からすんなって話ですわ


犯罪歴を抜きにしても住所不定無職で契約するのは厳しい。保証人見つけようにも人脈すらないのがね。


*のような「普通(だと思ってる)の人」に合わせると犯罪が無くならないという例。


まず悪事を働くなって事やぞ


頭を下げて実家に世話になるか、首都圏の無料定額宿泊所にいってそこから生保申請でいいんじゃないかね。前科者なんて信用ゼロどころかマイナスからスタートなんだから、それを理解して多くを望まず、地道に頑張るべき。環境にケチつけて自分の行動を擁護しているようじゃ更生なんてほど遠いと思うよ。


犯罪者を擁護するのは犯罪者


そんな考え方するから犯罪者になったんだろうな


1回やったら次へのハードルが低くなるから、受け入れ側は拒否安定だわな。困窮したときの対応で犯罪って選択肢が出てくるあたり、一般人と感覚が違い過ぎる。それでも無敵の人になられちゃ困るから何かしら対応せんといかんのが腹立たしい。


オーナー側から考えてみ?誰がお前みたいなのを入居させるかよ


元受刑者支援とかやってるの探せばあるだろうに第一候補として犯罪が出てくるのは何も反省をしていない証拠。ただの開き直り


再*てもいつか娑婆に出られる法律が甘すぎる


ほんなら一生ムショ暮らししとけばいいんじゃないっすかね


犯罪軽視してるような言い方して同情できるわけないだろ。むしろ刑務所から出すなとなるわ


支援者腐るほど居るんだしそいつらが保証人になればいいんじゃね、団体が見てるとなれば貸す方も一般人より安心できるだろ


堀口さんの経歴や物件の条件を細かく聞き取り、入居が期待できる部屋を管理する複数の会社に電話した上で事前に候補を絞って探した。>そもそも、その条件じゃ借りれませんってとこに電話かけまくったんじゃないのか?で、断られた理由を勝手に断定。


「身に覚えがないのに刑務所に行かされた」可哀想に…「出所後住む場所も得られないから再犯せざるを得ない」おいちょっと待てェ まあ色々置いといてオーナー側の言い分も納得できるし出所後に周りから白い目で見られ続ける問題も無視はできない 犯罪を犯すこと自体が間違いなのはその通りだけど、犯罪の引き金が更に軽くなる環境を作ってしまわないようサポートするのも大切だよねって


>事件のことを知ったからではないかと推測 ←根拠ないじゃん >最初は自分の過去をありのまま話していました ←犯罪歴を勲章のように話すチンピラかよ。信頼関係はゼロから始まるのにいきなりマイナスぶち込んだらどう見られるか想像もしないと。なんかこう、自分は普通の人間なんだから当たり前に受け入れられて当然、みたいにごり押しするんかね、相手は「怖い」んだよそういうの。


身の程を知れ。前科者が偉そうに普通の生活を送ろうとするな。被害者に詫び続けながら犯罪を*たことを一生後悔し続けろ。


漁師がおすすめ心身ともに鍛えられますよ


やっぱ全員死刑にしようぜ。これなら再犯できないでしょ


出所後の扱い含めての罰だろ。お勤め果たせば許されるって訳じゃねーよ。便宜的に法律で裁かれただけじゃん。再犯せざるを得ない、ってのもまるで反省してないのが窺えるしな。


いつも犯罪者の側に、パヨッコムの提供でお送りしました。


このままじゃ立ち直れなくて犯罪者に転落する可能性しか残されてないって話なのに「それみたことか」「最初からやらなきゃいい」と反応する人たちって後がない状況に追い込まれたことのない、実に幸せな狭い環境で生きてきたんだろうな。それはさておき、政府なり支援団体なりが廃村買い取って養老ホームみたいなのを経営し、長年勤めたら保証を付けるみたいな支援制度ができんもんかな。


過去に起こした過ちを法に則って償ったのならここは法治国家である以上それについて部外者は言及すべきじゃないし、二度と同じような過ちを起こさないためのシステムが未だ未熟というのは事実なんだから、論ずるべきはそこに絞るべきだと思う。


「身に覚えがないと一貫して容疑を否認し続けた。」からの「こんな状況なら再犯せざるを得ないのではないでしょうか」・・・語るに落ちてるし、嘘つきで反省の色がなく、犯行予告までするような人間に地元の不動産や家主がなんで賃貸させてくれると思うんだろ?


犯罪するには厚い壁があると思うのですがそっちは薄いのですね


なら犯罪をしなければ良い。だから冤罪も深刻なんだよ。社会の信頼性を失う暴挙が犯罪。世間が危険人物を許容出来る筈無いだろ。次の犠牲者は自身かも知れないなら。


『再犯せざるを得ない』なんて言葉を口にするのだから、この男は反省していないのが窺える。もし反省しているなら、たとえ困窮しても再犯なんて微塵も考えないけどな。


部屋は借りることは出来る。探し方が根本的に間違ってる


散々、他人の権利を踏みにじってきた薄汚い犯罪者の分際で、「出所後の障害が多すぎる」とか被害者面も大概にしろよ。挙句、言うに事欠いて「再犯せざるを得ない」だと?全く反省してないでしょ。お前ら犯罪者が疎まれるのはそのなんでもかんでも他人のせいにして自己正当化する思考そのものなんだわ。まともな奴はそう思っても犯罪犯さないの。


再び罪を*た時に言うんだ・・・「あの時死刑にしておけば良かった」と。


再犯を減らす、犯罪者を更生させるって建前があるから国が何かしら対応すべきなんだろうが、まずは人権団体やらよく出しゃばってくる弁護士連中が手助けしてやったらいいんじゃねぇの?知らんけど。


「再犯せざるを得ない」おやおや犯罪予告ですか。


流刑地でも作る?400年ぶりぐらいに


犯罪者が人権をかたるなさっさと*


それも含めての償いなんだよ。刑期を終えたら罪がなくなるとでも思ってんの?


刑期は終えても信用はうしなったままだしな


政府なり支援団体なりが廃村買い取って養老ホームみたいなのを経営し、長年勤めたら保証を付けるみたいな支援制度ができんもんかな。>政府が主導でやったら、「実質的な憲法22条違反」「令和の同和問題」ってなるな。生活保護者を一か所に固めば経済的だって言うのと変わらん。弁護士としてはネタになるし、政府保証の人間の再犯で政府を訴えるネタができて万々歳でしょうが。


そりゃ犯罪者なんてお前以外の全員がお前に公の場に居て欲しくないと思ってるからな。世間の影でひっそりとして自分と関わらないまま*でくれるのが一番良いんだ。お前はそういう身分なんだよ。


結局冤罪だったの? しらばっくれてるだけなの?


よくメディアって海外引き合いに出すじゃん?日本もアメリカ見習ってスリーアウト制導入しようぜ、再犯云々いう前に自分の罪をかみしめるべきだと思う、法律上罪の精算終わっても犯罪は消えないんだよ


犯罪をするっていうのはそういうことなんですよ。てか窃盗の手口もだし罪を認めず4年拘置されてるのもカネもコネもないくせに地元離れて東京で働こうとするのも何一つとして同情する余地がない。頭カラッポで場当たり的に生きてるゴミって印象


まあ受け皿がない、というのは問題だし改善しなきゃいけないと思うがねぇ…。開き直るんじゃねえよ、そんな考えだから偏見がなくならないんだろうが。


まず犯罪するかもって考えが出て来るの良くないのでは。出所した人が言うと洒落にならんし


窃盗と詐欺は、他人から奪えば一気に儲かるって経験してるから再犯率高いのよなあ。窃盗の場合は一応依存症の場合もあるけど。


そこで「再犯せざるをえない」とか言ってる時点で語るに落ちているんですが?


被害者になれば加害者に対してどういう感情を抱くか分かるんじゃないか?身を以て体験しないと分からんよこういう輩は。自分が何したか分かってないから犯罪を「生きるための選択肢」みたいに語れんのよ。


身元引受人はなにしてるの?


むしろホテルやネットカフェは利用可能なんだな。だいたいは身分証の提示や住所含めた個人情報の記載を求められると思うのだが。あとこの記事で気になるのが、犯罪を*た事に対する反省や被害者に対する謝罪とか一切触れてないのな。もう終わった事、無かった事にして次に進もうとしている雰囲気がある。不動産会社に断られたのはそういう所が原因じゃないのか。


この記事のせいで、こいつの存在と悪事を認識しちゃったんだけど;


これ、犯罪者だからリスト入りしてたというより、犯罪するような奴だから何らかの積み重ねでリスト入りしてたんじゃないかな・・・


自分はこの人が否認した容疑をやってるとは思うけど、それはそれとして「(私はしないけど、私以外の出所した人も)こんな状況(に置かれた)なら再犯せざるを得ないのではないでしょうか」として意味は通ると思うよ。そして、今回家探しをサポートしたって会社のような、社会復帰をする道筋を、出所する時その人に伝えとく事が再犯防止につながる可能性は考慮していいと思うな


テレビやネット、新聞で大きく報じられたとかじゃないなら、出所後にちゃんと更生できないのは当人の問題だろ。同僚に暴行で捕まってムショに入ったことがある人がいるが、別にちゃんと仕事してる。今の会社でもう5年一緒に働いてるが、至極まじめに職務行ってるぞ


ほらみろこういう発想になるんだよだから犯罪者なんぞ許すべきじゃないんだ


やる気にあふれてるのに何で地元大阪で仕事しなかったんですかね?


再*ようって発想があるのだから量刑が足りないってことだろう


自分の都合のために平気で犯罪するような思考してるんだな。そんな連中に家を貸したくないのは当然のこと。


有名な出所者は障害あるかもやけど、それを他の出所者まで当てはめるのは無理矢理過ぎる。日本ほど社会復帰するための環境が揃ってる国はなかなかない。仕事得るための環境としては様々な面がホームレスよりマシな状況。住所ある、連絡先ある、書類は揃えやすい、身なりを綺麗に出来る。色々社会復帰するために揃ってるやん


出所後も一貫して『冤罪』を主張するならまだしも『元受刑者を受け入れない世間が悪い』というムーヴではなぁ・・・。この人の『獄中便り』読んでも『傷害』については反省している様子も見られないし。


で、犠牲者はどう成るんだ。支援も無くさっさと人権侵害を許して忘れろか。そんなんだから誰も支援しないんだよ。刑期を終了しても反省の証拠に成らない。出所後が大事なんだよ、信頼回復は過酷だぞ。


>U.N.Kyowen さん中学2年の時にも1年間施設送りになってるね。【筋の通らない事を嫌い、その解決方法は暴力しか知らなかった。】6年経っても何も成長していない・・・だと!?


で、結局お前は真犯人だったのか違ったのか。それを明らかにしないで語って良い発言では無いな。


なんかマスコミさんが「悲劇の人」扱いしたくても、上の方で散々明らかになってるように、「ただの犯罪常習者」だよねこの人。それにまぁ、あの「京アニ放火犯」も、前科重ねていたのにそれまでじつは結構いい暮らししていたこともわかっているしなぁ……。「やる奴は何がどうあってもやる。更生なんて無い」が、「真実」というもの。


私があなたを無罪にして差し上げます! (デデドン!


コイツには当て嵌まらんと思うけど、止むを得ず犯罪者になってしまった人への社会復帰手段はいくつもあって良いと思う。その意味でも国営工場とかやったら良いのよ刑務所と社会の中間地点の位置でさ。コレとは関係ないけど特殊詐欺をやった人間もそこにブチ込めば良い、騙して使ったもん勝ちは許したらいかんよ。あと高齢となった犯罪者もね、どうせ刑期終えた所でまた再犯するし


住むところも確保できないのではまた再*て刑務所に戻りたくなってくるだろうな。公的な補助によって再犯を防ぐという考え方を取り入れるべき時なのかもしれない。


支援が必要な人がいる一方、支援を食い物にする奴、隠れ蓑にするやつがいて、結局制度を正しく使えているかを監視できるシステムが無い限りこの問題は解決せん。UV様なんとかしてください


つまり再犯を防ぐには死刑か終身刑にするしかないってことか?


ドヤ街にでも住んだらいいんじゃない?そこを住所にしてる人もいるって聞くし。


一度犯罪を犯すと、犯罪で問題を解決するというのが当たり前に選択肢に入るんだよ、やる気があるうちに復帰させろって言われてもやる気無くなったら犯罪犯すんか?ってなる、それだけのことをしたんだよ。


「犯罪を増やすだけ」って話なのに理解できないチンパンジーやばいよな。


部屋を貸す側のリスクは高くない・・・?


支援を充実させたらそれはそれで悪用するやつはでてくるし、難しい話。それはそれとしてこの人が入居できなかったのは犯罪者だからかどうか怪しいもんだ。


一生背負えよ。そうならないように多くの人は犯罪を犯さずに生きている。刑務所っていう税金で運営される施設で養われただけで罪償ったからノーカンだとでも思ってるなら甘え。


卵が先か鶏が先か?みたいな話だな。しかしこの手の話は何十年も前からある。それこそ弁護士たちは良く知っているはずだ。なのになぜ受刑者たちに互助会を作らせない?なぜ「住民票を移す」という有効な手段を教えずに社会に放り出すのか?弁護士ドットコムは「もう一度犯罪を*てくれ」とでも望んでいるのか?


金さえ出せば犯罪者の味方の弁護士に金を積んで身元保証人にでもなってもらえばいいんじゃないですかね。


貸す側にも選ぶ権利があるし自分が選んでもらえるような社会的信用失ってること自覚しなよ。つーか「出所後 住むところ」で試しに検索したら普通に国が支援してるじゃん


草wwww


再犯せざる終えないとかいってる犯罪予告してる人を助けようとする人も同類の犯罪者予備軍なんじゃないの?私達を巻き込まないでほしいね。ここのコメ欄にもいる助けようって人たちだけでなんと*ればいいじゃない。もしこの人が犯罪したら助けた人も同罪って事で。それで解決でしょ?


この記事、この人自身が再犯をほのめ*かのように言っているかのようにミスリードさせようとしているのか、それとも見出しで勘違いして読み始めた私が悪かったのか